絵本「なつねこ」(かんのゆうこ作:講談社刊)の事。

| 2011年4月29日金曜日
この絵本は「四季ねこ」(作:かんのゆうこ)シリーズとして
4冊様々な画家さんで刊行されます。

「ふゆねこ」(絵:こみねゆら)
「はるねこ」(絵:松成真理子)以上既刊。
「なつねこ」(絵:北見葉胡)6月出版予定
「あきねこ」(絵:たなか鮎子)今秋出版予定


「ふゆねこ」はせつないけれど、心がふんわり温かい気持ちになるお話。こみねゆらさんの描く、いじらしい少女や凛としたねこの様子がとても美しい☆

「はるねこ」は、春の優しい空気感に包まれた愛らしいお話
松成真理子さんの描く、うぐいす色のはるねこが個性的で特に大きな目が可愛いい☆

たなか鮎子さんの描く「あきねこ」も今から楽しみ♪


最初「北見さんには『なつねこ』をお願いします」と言われ、
私の絵は少し暗めなので秋か冬かなと思っていたので
以外な感じを受けたのですが、おはなしを読んで納得。
そこには夕暮れから夜にかけての
幻想的な世界が広がっていたのでした。
かんのゆうこさんの透明感のある文章は静かで美しく、
言葉をひとつとつ選びながら紡いでいらっしゃる様子が
ひしひしと伝わってきます。

風鈴の音色に聞き入る主人公なみこちゃん(原画の一部)

次の絵本「なつねこ」(かんのゆうこ作:講談社刊)

| 2011年4月21日木曜日
今日、6月出版予定の絵本「なつねこ」の原画が出来上がり、編集者さんに渡しました。ぎりぎりの攻防でした。間に合ってよかった。
この絵本のことは、又追って詳しくお話したいと思います。
上絵:「なつねこ」の中の絵(一部)

ピアチェーレ 風の歌声

|

昨年表紙を描かせていただいた、にしがきようこさんの児童書籍「ピアチェーレ 風の歌声」が第21回椋鳩十賞を受賞しました。
この作品はそもそも新人賞受賞作品を書籍化したものなので、にしがきようこさんにとってデビュー作です。

デビュー作で受賞なんて凄い!!

暗いニュースが続く中、私にとって嬉しい出来事でした。
心からお祝いいたします。