詩とファンタジー

| 2010年4月23日金曜日
やなせたかしさん編の「詩とファンタジー」(かまくら春秋社刊)
にイラストを描きました。
この雑誌は「詩とメルヘン」廃刊に伴い引き継がれた雑誌ですが、
「詩とメルヘン」より厚い!
でも内容は懐かしい「詩とメルヘン」そのままで、
柔らかい雰囲気に溢れていました。
私は詩「存在」(藤田和美さん作)に描かせていただきました。
選び抜かれた言葉。
その中に込められた作家さんの想いがストレートに伝わってきて
「うん、うん、そうだよなあ・・・」と思わず雲を仰ぎました。
素敵な詩でした。手に取って読んでいただけたらと思います。
下絵は原画

原画展

| 2010年4月8日木曜日
東京千駄ヶ谷にある佐藤美術館で4月15〜28日まで「柿本幸造回顧展&絵本原画11人展」が開催されます(詳細はこちら )。私は絵本「リトル・レトロ・トラム」(天沼春樹作:理論社刊)の原画3点展示します。
以前やったコニカミノルタの時と一点差し替えて表紙絵を入れました。
表紙絵は、もともと描いてあった原画を使ったので、表紙サイズに合わせるためデータでびっくりするほど変えています。でもぱっと見た時の印象は変わらないところが怖い。間違い探しとして、お子様も楽しめます(f-_-; )。
その場で絵本も販売してますので、いらして下さった方は表紙と原画、どこが違うの?を楽しんでいただければと思います。

気に入っているけど今回は差し替えて展示しなかった絵はこれ↓
従業員(?)の生き物達が好き♪

月の上のガラスの町

| 2010年4月2日金曜日


児童書籍「月の上のガラスの町」(古田足日作:日本標準刊)が出来上がました。
5つの短編からなる物語ですが、全て月の上のガラスの町で起きた出来事です。
未来、月にはたくさんの人間が地球から移住して住んでいます。でも引力が小さいので植物は巨大に、あげく人間まで巨大化してきます。そんな科学の進歩と共に繰り返される愚かな人間の哀しさを美しい月の町を背景に描いています。月の町がリアルで美しく生きてる間に是非とも行ってみたいと思ってしまった。児童書ですが、大人が読んでも色々考えさせられる深いお話でした。
挿絵は巨大なひまわりと主人公。

にしても、ブログにしたら3月は6回も更新している。ブログって写真載せるのも文章書くのもすごく楽なのだなあ・・・知らなかったなあ