講演会のこと

| 2010年3月28日日曜日
昨日の講演会、拙い私の話をお客様も図書館の方も、温かく見守るように聞いて下さって有り難く感謝の気持ちでいっぱいです。

講演のあと、絵を見ていただいたり個人的に質問を受けたりお話したりしたので、帰りは自由でした。そんな訳で全員にちゃんとお礼言うことできず、それだけが心残りです。
わざわざ私などのために時間を割いて来て下さった皆様にこの場を借りてお礼申し上げます。本当に本当にありがとうございました。
それと、もしかしたら過去の展示に来て下さった方や仕事関係の方がいらしたかもしれないのに、じっとお顔見るのも失礼だし気づかず言葉を交せなかった方いらしたらごめんなさい。なにしろ変装してきた作家さんもいたので・・誰って・・・
(もとしたいづみさん!と声かけしたら「ばれた」ですと!詳細をブログに書くとの予告があったので、覗いたら笑いなくして読めませんでした。草野たきさんの判子エピソードも面白い。猫ちゃんも可愛い〜♪こちら )

★講演会展示品の一部★

原画は、壁にかけず、写真のように置きました。
こんな風に飾る事はまずないので、
折角ですから手に取って見てもO.Kにしました。
絵本が出来るまでの説明のための色校正紙と下書き。
手前下が町並みの下書き

次出版予定のグリム「ゆきしろとばらあか」の描き途中の絵と
絵の具や筆、パレットなど。
手前左にあるぼろいのは絵の具を溶くテレピン入れ

こどもたちが描いてくれた絵たち、可愛い〜〜〜〜♪
(全部入れた写真はピンぼけでこれが一番奇麗に撮れてたので)