幼年童話 岩瀬成子作『ちょっと おんぶ』(講談社)

| 2017年5月5日金曜日
の挿絵を描かせていただきました。そろそろ書店に並びます。

全見開きに絵が入り、カラーページもあって5歳くらいから読めますが、大人が読んでも癒されます、私も*-_-*。
女の子とおしゃべりする色んな動物の子の様子が、時におかしく、時にいじらしく…可愛いいなんてもんじゃありません。

むずかしい言い回しなどひとつもないのに、岩瀬さん独特の世界が構築されていて素晴らしいなあと思います。穏やかで優しくて愛らしい言葉たち。幸せな気持ちに包まれていきます

私もこんな子たちと会話できたらいいなあ、もしかしたら私も幼いころはできたのかなあなど思いながら、不思議な心地よい空間に、ずっとずっと浸っていたくなります。

くまの子とかきつねの子とかトンボさんもでてきます。

「じゃあ、うみのうたをうたいますよ。さん、はいっ。」
あさり先生と生徒たちが、お皿の中で、歌を歌っているんです
さん、はい。って…かわええ(≧∇≦)

メールの事

|
迷惑メールが多くなりサイトのメールを外しましたが、アドレスは生きております。
お手数ですが、件名に北見宛を追記してご連絡いただければ幸いです。

ピンポイントギャラリー『キネマグラフ』展

| 2017年2月11日土曜日
タイトルのとこに絵を描くのが流行ってるので、私も描いてみる。
楽しい♪描いてからキリトリ線に気付く。くまさんの耳がはみ出ていた…
全体を、み…右にずらしたい…ってことをよくやってしまう(-_-;。
展示は2月20日(月)から、詳細はこちら

オルビス絵本型アイカラー

|
昨年販売した絵本型アイカラー、復活限定販売中、無くなり次第終了、って今サイト見て気付きました。詳細はこちら
『シンデレラ』の表紙
中には、綺麗な色のアイカラー
シンデレラの物語が英語で書かれてます。
リフィルを外すと小物入れになります*^-^*。
6×11×2(センチ)くらい

9月刊行予定・ルーチカ第6巻『ハロウィンの灯り』

| 2017年2月2日木曜日
ルーチカのレイアウトが終わりました♪

原稿を読みながら、この文のあとに挿絵を入れ、余った行を次のページに送って…そうなると次のページもずれていくので行やら文字やら計算して…など続けていると、だんだん頭が発熱していく感じ(。.。)…

結局一度では決まらず、 何回か修正してやっと完成する。

レイアウト作業の一旦↓

新年明けましておめでとうございます。

| 2017年1月1日日曜日
悲しい災害や事件に触れるのが年々辛くなっています。
今年こそ心休まる温かい出来事で埋め尽くされる一年でありますように!

2月20日〜ピンポイントギャラリーの企画展に参加します。
内容は映画。今時間とれなくて辞退するつもりが、朝日新聞の『私のグッドムービー』で描いた絵がサイズぴったりな事に気付きました。
気に入ってたので、個展の時にと思っていたけれど、個展をする余裕はない!と出品することに。これ↓DMに載せていただきました♪

たくさんの素晴らしい作家さんも参加しています。詳細はこちら

近況

| 2016年10月14日金曜日
ブログ長いこと休んでしまった-_-;。

来年出版に向け、絵本や児童書など進めてますが、著者さんからの原稿がまだだったり、ラフのOKが出てなかったりで、これが一斉に動き出したらどうなるのかなあ…と恐々としていたら、動き出した。ほぼ全てが。

おとといの打ち合わせは幼年童話.
これはそのざっくりイメージ↓
キツネさんが持ってるのはどんぐり、
その右隣にいる小さな子はとかげのしっぽさん。あさりさんもいます。
帽子の横にいるトンボさんとリボンは帽子の中の間違い。
お話が可愛過ぎて読んでていちいち(≧∇≦)ってなる。



メールが繋がらない件

| 2016年6月7日火曜日
サイトのメールが繋がらないようで、ご迷惑おかけしています。色々やってみました直らない-_-;  、のでこちらからお願いいたします。

『はりねずみのルーチカ』5巻(かんのゆうこ作/講談社)発売

| 2016年6月1日水曜日
『はりねずみのルーチカ』5巻 -絵本のなかの冒険- が刊行されました。
ルーチカたちがフェリエの森を離れ、絵本の中に迷い込んでしまった、朧朧国(ろうろうこく)のお姫様を救い出す物語です。
様々な怪物たちが現れ苦難を乗り越えていきますが、決して武器を使わず、血を流すことのない個性を生かしたルーチカたちの戦い方、思いやり、いじらしさ、可愛らしさにとても感動しました。そんな世界を描かせていただけることに、心から幸せを感じます。

今回ノッコと仲良しになった子は、もともと私が描いていた桃胡というキャラクターで、名前もそのまま使っていただき、ゆうこさんが物語の中に入れて下さったもの。
嬉しくてあちこちに登場させ、あげく桃胡語まで作ってしまう はしゃぎっぷりf-_-;

わかりづらいですが、上下巻並べると1枚の絵になります。

熊本地震

| 2016年5月5日木曜日
余震が続く中、小さな子たちが怖くて不安な毎日を過ごしているという報道が特に辛い。
どうか一日も早くこの揺れが終息しますように!!今度こそ大きな余震がきませんように!ホントに早く収まって欲しい!
心からお祈りしています。

『シナモンのお休み日記』(小手鞠るい作、講談社刊)見本が出来上がりました。

| 2016年4月13日水曜日
小手鞠るいさんの飼い猫「プリンちゃん」はずいぶん前に亡くなられました。
その後も新しい子をお迎えすることなく、今もプリンちゃんを大切に想っていらっしゃいます。
前回は絵本なので、一目で猫とわかり背景にとけ込まない色をと黒猫にしましたが、今回は書籍ですから絶対プリンちゃんを描こう!と思ってました。

表紙の茶色い子がプリンちゃん(お話の中ではシナモンちゃん) 

オビをとると猫の足跡が…

ページのあちこちにこの子↓がいます



中国版「いい夢ひとつおあずかり」

| 2016年2月20日土曜日
1枚の絵だった表紙を切り抜き、全く違うデザインにしていてびっくり。でも可愛い♪
そのほか表紙に日本語タイトルがあったり、印刷所の名前が入っていたり日本と違って色々楽しい。後ろにいる黒い陰みたいのはわざとピントをぼかしている*゚.゚*

葉胡は中国語で叶胡になることも初めて知りました。
そういえば、ボローニャ国際絵本原画展が
今年5月〜来年6月まで中国でも各地を巡回することになりました。
『マッチ箱のカーニャ』を、中国の方々にも見ていただけるのは嬉しい*^-^*

ポプラ社「asuta アスタ」2月号

| 2016年1月13日水曜日
ストーリー&エッセイマガジン「アスタ」の巻頭「語りなおし 読みなおし むかしばなし名場面」で白雪姫を描きました。

大人向けのなので何を描いても良いですと言われ♪(ラフ提出もなく)自由にタブローを描くようなつもりで楽しみました。

棺で眠る白雪姫と、小人たちが家に戻って姫を発見する場面を
一枚の絵で表現してみようとこうなりました。
他、様々な作家さんの小説やエッセイが掲載されており
大手書店で無料配布されています

4月7日出版『シナモンのお休み日記』

| 2016年1月8日金曜日
小手鞠るいさんとの絵本『ルウとリンデン 旅とおるすばん』から7年。今度は児童書籍『シナモンのお休み日記』(講談社刊)の挿絵を描きました。

猫と兄妹のお話。猫ちゃんのモデルは小手鞠さんが飼っていらしたプリンちゃん♪
長毛種でぽてっとしてて可愛い〜*^-^*↓
↓は担当編集者さんの飼い猫ミニヨンちゃん。
このミニヨンちゃんもお話に実名で登場します。
『ルウとリンデン』の絵本を熱心に見てて可愛い過ぎ≧∇≦
本気読みしてる?…みたい。

新年明けましておめでとうございます。

| 2016年1月1日金曜日
新型ノロが流行っているようです。
皆様どうぞお身体ご自愛くださいませ。
良い一年になりますように

今春『はりねずみのルーチカ』5巻を上下巻で出版します。
今表紙と本文ラフを同時進行中。

描き直すことにしたラフ。
本番は違う絵になるので、せめてここに載せようと。-_-。
左はしにいるのは新しい子