『くるみ割り人形』(ホフマン作、村山早紀訳、ポプラ社刊)

| 2018年11月13日火曜日
見本が出来上がってきました。

バレエのくるみ割り人形しか知らなかったので、今回の仕事の前に完訳で予習したところ、あまりに違うストーリーでびっくり! 摩訶不思議でとりとめなく怖い。

その原作を元に小学生向きに書かれたのが、村山早紀さんの「くるみ割り人形」です。こちらは、主人公マリーの心模様が切なく胸に響き、不思議な世界でありながら温かく愛らしい詩情に満ちていました。同じお話でも印象はすいぶん変わるものですね。

村山早紀さんの「あとがき」もふんわりした優しさに包まれていて素敵♪そのイメージ通りのお話になっています。
この↓戸棚からおもちゃ達が出てきて、ばけものねずみと戦います。