絵本『ちいさなちいさなちいさなおひめさま』(二宮由紀子作、BL出版刊)

| 2017年10月30日月曜日
ちいさな ちいさな ちいさなおひめさまの物語です。
なにしろ肉眼では見えないくらい小さい…のですから、どう描くか悩み…、虫眼鏡を思いつきました
で、ちいさなおひめさまをいっぱい描くつもりでいたら登場する場面が以外と少ないんですね。なにしろちいさいので、遠景の場面は虫眼鏡でも見えないのでした`∇´。
そんなおひめさまと結婚したいと切望する王子さま。
グリムやアンデルセンのようなロマンチックな物語を読み進むと…ユーモア溢れる二宮由起子さんでなければ思いつかない、描けない展開にびっくり!


11月13日~12月3日 神戸の喜久屋書店神戸南店
この絵本の原画展があります。詳細はまた追ってアップします。

表紙   虫眼鏡越しに見えてるおひめさま↓

『窓辺のふくろう』奥山恵著

| 2017年10月19日木曜日
奥山恵さんは、私も何度か原画展をさせていただいた可愛らしい児童書専門店の店長さんです。傍ら児童文学評論や短歌を執筆されています。このたび短歌集を出版する事になり表紙のご依頼を受けました。

歌集は、奥山恵さんの中に一貫してある平和への願い、不誠実への怒り、この世全てのものへの幸せへの祈りに溢れ、共感とともに深く感動いたしました。
定時制高校の先生をされていたこともあり、生徒たちを想う歌には胸が詰まりました。

歌を通して知ったこともたくさんありました。
読みながら悲しく辛い気持ちのこどもたちがこの世界からいなくなる日がくることを、改めて心から祈りました。

児童書専門店ハックルベリーブックスホームページ
http://www.huckleberrybooks.jp/