私のハンス・クリスチャン・アンデルセン展

| 2014年6月30日月曜日
ギャラリーまぁるのグループ展、明日から始まります。
カラー作品はこれ↓『空想の扉を開ける』

アンデルセンのお話を読む少女の心の中の世界を描きました。
左下にいる小さな子は『小さなイーダちゃんの花』に出てくる妖精。
イーダちゃんの花の妖精…可愛いいなあ…いつか絵本にしたい…*-_-*

ウィリアムモリスの展示

| 2014年6月22日日曜日
青山のカフェ&ギャラリー、ウィリアムモリスに行ってきました。
本を読んでらしたり一人で来てる方が多く、静かな落ち着いた雰囲気の店内に、ルーチカがそっと飾られてて、嬉しかった(*゚.゚*)。26日まで。

いっしょに行ったゆうこさんが撮影くださいました。

グループ展

|
7月1日〜13日、ギャラリーMalle(恵比寿)で「私のハンス・クリスチャン・アンデルセン」に出品します。
DMは東逸子さん↓美しい〜〜♪詳細はMalleサイトをご覧ください→こちら

私は2点出品します。1点は油絵。
もう1点はモノクロ鉛筆でこれ↓「小さなイーダちゃんの花」というお話
それはとっても可愛らしいお話で、今アンデルセンで私の一番のお気に入り





はりねずみのルーチカ ふしぎなトラム

| 2014年6月14日土曜日
はりねずみのルーチカ3巻の見本が届きました。
色校正の回を重ねるごとに印刷所さん(精興社)と親しくなって
とうとうデータ室トップの方とパソコン画面首っぴきで色調整するという考えられない方式をとるようになってしまった(汗。
そしたら、その方「ルーチカの色を明るくしてトゥーリのがさがさ感とって・・」など登場人物を把握してらしたf-_-; 。
編集者さんが「北見さんの迫力についていかれるよう名前を憶えて予習されてたみたい」と 笑ってました。

おかげで、私が納得する色まで毎回たどり着いていただけ、大変有り難く思ってます。

でも私の絵は校正のそうとう難しい色だそうで
「やっぱりね。だから毎回苦労するのね」納得。

ルーチカ原画展示のお知ら

| 2014年6月12日木曜日
告知遅くなりました。
6月3日〜6月26日(13時〜18時半 ※日・月・第3土曜休み)
東京青山のカフェ&ギャラリー ウィリアムモリス
(渋谷区渋谷1-6-4 The Neat 青山2F  03-5466-3717)
で、はりねずみのルーチカ1巻の原画を展示中です。

他の画家さんの作品も様々見られます♪
私も来週火曜日行ってみるつもり。

↓2ヶ月更新してなかった… 今月で帳尻合わそ。