展示から絵本へ

| 2014年12月13日土曜日
今日グループ展最後の搬入を終えました。
この12月を最後に展示はお休みして、しばらく(長期?)出版に専念。

まずは来年、いよいよルーチカの絵本。
もう「間に合うの?!」の攻防が始まりつつあります。

ルーチカの家の場面もカラーに…↓。でも書籍とは絵が左右逆になる!

オルゴール展

| 2014年12月10日水曜日
15日から23日までギャラリーハウスMAYA(サイトはこちら)のオルゴール展に出品します。
曲はパッヘンベルの『カノン』(大好き!)。絵はアンデルセン作『小さいイーダちゃんの花』(こっちも大好き!)5面に様々な場面のイメージを描きました。横文字部分はタイトルや作者名など。

中に、ベットに寝る小さなお花たちを創りました。
この子たち、天地5センチくらいと小さいので最初失敗。
これは2個目↓写真で白っぽいですが顔以外薄桃色
鏡つき↓

肖像画展

|
ピンポイントギャラリー(サイトはこちら)で、15日〜25日まで、肖像画展に出品します。
私は『不思議の国のアリス』を描きました。肖像画なので、額をこんな形の選びました↓大好きなお話なので、自分の気に入ってる場面を網羅しつつ、アリスを中心に据えて。
アリスは幾度描いても飽きない、魅力的な世界なのでした。


ガラスで一部反射してますが、こんな感じ↓。天地40センチくらい。

アンデルセンの15册の本展

| 2014年12月1日月曜日
まぁるさんの展示、明日から始まります。詳細はこちら
『小さいイーダちゃんの花』の本が今日出来上がったので、ナンバーリングしてきました。それは100冊楽しみながらできたのですが…
カバーが色校正より浅く出ていて…と私のブログって、色校正のことばかり。しかも、その都度気にならないと周りに慰めてもらうという、まあ今日も丸尾さんが言ってくれました、はい…(-_-;)。

でも金額が1200円と原価計算から少し安く販売できることになったそうで、それはよかった。

左が表紙(実物はもう少し浅い←しつこい)右が扉にイーダちゃんのスタンプを作成。
それを和紙に押して、ざっくり貼ったもの。蔵書票みたいにしたくて。
これは NO.101.
126冊と、少し多めにあって、
100番までしか用意していかなかったので、家で続きを作成中。
本文はこんな感じ↓鉛筆とペンで描いてます。
あとマッチ箱のカーニャとラプンツェルのポストカードがつきます。


はりねずみのルーチカ原画展示

|
イオンモール幕張新都心店の未来屋書店さん(こちら)で今日から31日まで、『はりねずみのルーチカ 星の生まれた夜』の表紙と本文の原画(一部)を展示します。

絵を描きあげたら3巻と色が似てしまったので、データで全く違う色にするという恐ろしい裏技を使ったため、色校正は死ぬかと思いました。
そんな訳で原画を展示するのはどうかと思いましたが、その違いにびっくりいただくのも面白いのかと気持を切り替えました。

『はりねずみのルーチカ 星の生まれた夜』より
目のみえないノームおばあさんと優しいルーチカ

クリスマスカード

| 2014年11月17日月曜日
「はりねずみのルーチカ 星のうまれた夜」をご購入下さった方に、ルーチカのクリスマスカードが付いてきます。なくなり次第終了となりますので、ご希望の方は以下の書店にお問い合わせの上、ご来店いただくのが確実と思います。

カード開いた所↓
表面
文字面

クリスマスカードがついてくる書店さんは以下です。
八重洲ブックセンター 京急上大岡店 
 紀伊國屋書店 新宿本店 
丸善&ジュンク堂書店札幌店 
サクラ書店 駅ビル店 
丸善 丸の内本店  
有隣堂 たまプラーザテラス店
丸善 仙台アエル店
喜久屋書店 小樽店 
丸善 津田沼店  
ジュンク堂書店 藤沢店 
リブロ 東戸塚店 
喜久屋書店 千葉ニュータウン店
 紀伊國屋書店 札幌本店 
有隣堂 アトレ恵比寿店 
心斎橋アセンス
ジュンク堂 天満橋店 
旭屋書店池袋店 
ヤマト屋書店仙台八幡店
フタバ図書 MEGA中筋店 
ブックファースト ルミネ川越店  
ACADEMIAくまざわ書店 橋本店 
 紀伊國屋書店 久留米店 
紀伊國屋書店ららぽーと横浜店 
リブロ 池袋本店  
紀伊國屋書店 玉川高島屋店 
未来屋書店 イオンモール幕張新都心店
ハックルベリーブックス 柏駅近く

住所録崩壊

| 2014年11月16日日曜日
宛名職人V12使ってる人私くらいではないかと…。
ほとんどのことが機能しなくなりました(;_;)
DMも出せなくなってしまったので、近々でDMご希望頂いた方、友達など手書きでだせる範囲にお出しします。

これはまぁるのDM↓デザインも丸尾靖子さんなので可愛い♪

展示のお知らせ

| 2014年11月9日日曜日
12月、グループ展に出品します。ギャラリーまぁる(恵比寿)、ギャラリーハウスMAYA(原宿)ピンポイントギャラリー(青山)の3カ所で詳細はこちら

また、12月始めから1ヶ月間、未来屋書店 幕張新都心店(千葉)で『はりねずみのルーチカ』原画展を開催いたします。
詳細決まりましたら、またアップします。

まぁるの企画は『100部限定の小さな本』。
印刷しなければならないため、絵は早々出来上がってます↓
アンデルセン作『小さいイーダちゃんの花』
これが表紙
これは扉絵など

はりねずみのルーチカ -星の生まれた夜- (かんのゆうこ作:講談社刊)

| 2014年10月24日金曜日
『はりねずみのルーチカ』シリーズ第4作が出版されました。
星のなかったルーチカの暮らすフェリエの森に、星が生まれるまでの、ある冬の日の物語です。
本当に何と言うかもう、いつもながらのルーチカの愛らしさ、可愛さ、優しさ、そして森の皆の温かさに癒されます。

星の生まれる日の素晴らしさはもちろんのこと、クリスマスイブのキャンドルライトサービスの美しさは、是非文章を読んで体感していただきたいです。

表紙はその情景を描きました↓
オビは、クリスマスなので白地に金!素敵!デザインは丸尾靖子さん


イベントのお知らせ

| 2014年9月28日日曜日
昨日と今日、朝日放送の番組「世界が愛した絵本」のイベントが六本木ヒルズ・朝日多目的スペースumu(ウム)で 11:00〜17:00開催されます(無料)。
その会場内のモニターで「世界が愛した絵本」で放映された映像をそのまま放映するそうで、絵本「なつねこ」(かんのゆうこ作、北見葉胡絵、講談社)を放映いただくことになっています。

他、放映された絵本の貸し出しやお絵描きコーナーなどお子さまが楽しめるスペースになっているそうです。
もしこちらの方に行くついでがありましたら、ご覧いただけると嬉しいです。

って告知遅過ぎますねf-_-;  。
来年3月末にも同様のイベントをするそうなのでその際はもっと早くに告知します。


放映される絵本「なつねこ」↓
テレビで見た時、絵が動いていて嬉しかった♪
ひかりのつぶが降るシーンは幻想的な映像にしていただき感動しました。

いろはのあした(魚住直子作:あかね書房)

|
魚住直子さん作「いろはのあした」に挿絵を描かせていただきました。
主人公いろはちゃんの心の機微、繊細な筆致が素晴らしく心奪われました。少しずつ成長していくいろはちゃんの日常を、言葉を選んで選んで書かれたのだろうと感じます。
各章最後の下りが心に沁み、生きていく事、死ぬという事などを考えさせられる章…泣けます。

また(ご本人は気付いていないのかもしれませんが)随所に大笑いする場面が織り込まれてあるのです。
たとえば、お菓子のおまけが自分だけ「どろぼうのおじさん」みたいでショックを受けるお話など、魚住さんの文章が巧みなので可笑しいし、いじらしいし、可愛いらしいし、愛おしい。

編集者さんが魚住さんに出来上がった本をお渡ししたら、とても喜んで下さって「こんなに可愛くしてもらってよかったね」と本に話しかけられ、「きょうは、この本を立てた状態にして、いっしょにゴハン食べます」とおっしゃっていたと伺い、なんて可愛らしい方なのだろう、と今度は魚住さんの愛らしさにきゅんとしてしまいました。

私は作家さんに喜んでいただきたい一心で描いているので、気に入って下さったという編集者さんの一言で全てが報われ幸せをいただけるのでした。

し…しかし気付けばブログの更新が3ヶ月も滞ってました(-_-;)。
これからしばらくは、もうちとまめに更新できるかと…。


左がいろはちゃん。右が弟のにほくん

私のハンス・クリスチャン・アンデルセン展

| 2014年6月30日月曜日
ギャラリーまぁるのグループ展、明日から始まります。
カラー作品はこれ↓『空想の扉を開ける』

アンデルセンのお話を読む少女の心の中の世界を描きました。
左下にいる小さな子は『小さなイーダちゃんの花』に出てくる妖精。
イーダちゃんの花の妖精…可愛いいなあ…いつか絵本にしたい…*-_-*

ウィリアムモリスの展示

| 2014年6月22日日曜日
青山のカフェ&ギャラリー、ウィリアムモリスに行ってきました。
本を読んでらしたり一人で来てる方が多く、静かな落ち着いた雰囲気の店内に、ルーチカがそっと飾られてて、嬉しかった(*゚.゚*)。26日まで。

いっしょに行ったゆうこさんが撮影くださいました。

グループ展

|
7月1日〜13日、ギャラリーMalle(恵比寿)で「私のハンス・クリスチャン・アンデルセン」に出品します。
DMは東逸子さん↓美しい〜〜♪詳細はMalleサイトをご覧ください→こちら

私は2点出品します。1点は油絵。
もう1点はモノクロ鉛筆でこれ↓「小さなイーダちゃんの花」というお話
それはとっても可愛らしいお話で、今アンデルセンで私の一番のお気に入り





はりねずみのルーチカ ふしぎなトラム

| 2014年6月14日土曜日
はりねずみのルーチカ3巻の見本が届きました。
色校正の回を重ねるごとに印刷所さん(精興社)と親しくなって
とうとうデータ室トップの方とパソコン画面首っぴきで色調整するという考えられない方式をとるようになってしまった(汗。
そしたら、その方「ルーチカの色を明るくしてトゥーリのがさがさ感とって・・」など登場人物を把握してらしたf-_-; 。
編集者さんが「北見さんの迫力についていかれるよう名前を憶えて予習されてたみたい」と 笑ってました。

おかげで、私が納得する色まで毎回たどり着いていただけ、大変有り難く思ってます。

でも私の絵は校正のそうとう難しい色だそうで
「やっぱりね。だから毎回苦労するのね」納得。

ルーチカ原画展示のお知ら

| 2014年6月12日木曜日
告知遅くなりました。
6月3日〜6月26日(13時〜18時半 ※日・月・第3土曜休み)
東京青山のカフェ&ギャラリー ウィリアムモリス
(渋谷区渋谷1-6-4 The Neat 青山2F  03-5466-3717)
で、はりねずみのルーチカ1巻の原画を展示中です。

他の画家さんの作品も様々見られます♪
私も来週火曜日行ってみるつもり。

↓2ヶ月更新してなかった… 今月で帳尻合わそ。

はりねずみのルーチカ3 ふしぎなトラム

| 2014年4月14日月曜日
今日ルーチカの挿絵を全て描き終え入稿。
160ページの大作でしたが、また全見開きに挿絵を入れました(^o^)/。

3巻は夏の物語。
これがもう不思議で美しくて切なくて心がうるうるする素晴らしいお話。
引き込まれてしまい、今まだ抜け出せない状態。

こんなところにも迷い込みます・・↓これはまだ前哨戦*゚.゚*

女の子に贈りたい名作(PHP研究所)

| 2014年4月12日土曜日
とっくに出版されてますが、私は「マッチ売りの少女」を描きました。

アンソロジーはいつも1作だけならなんとか・・とお受けするので、編集者さんに申し訳ない・・絵を描くのに時間かかり過ぎ!!るからだが、もう少し要領よく描けないものか・・・と毎日思う。

↓これ、表紙が可愛い♪
マッチ売りの少女の1場面↓

朝日小学生新聞

| 2014年2月21日金曜日
朝日小学生新聞の「立原えりかのグリム童話」(2月19日付)でいばら姫を描かせていただきました。画像データを彩度マックスで調整したおかげで、印刷おおむね綺麗でほっとしました。

毎週様々な画家さんが絵を描いています。1年の連載が終わったら書籍化する予定だそうで、楽しみ♪

新聞用に色調整した画像なので、ブログに載せると、あ・・鮮やか(・o・)!↓

「はりねずみのルーチカ」原画展風景

| 2014年2月11日火曜日
現在開催中の原画展(詳細はこちら)原作者のかんのゆうこさんが、昨日一足先に観に行って下さいました(私はまだで f-_-;・・来週くらいには行きたいと)。
ブログにお写真をアップされていたので、数点お借りしました↓

ゆうこさんのブログではもっとたくさんのお写真が見られます♪こちらから


明日から原画展

| 2014年1月31日金曜日
はりねずみのルーチカ原画展が明日から始まります。
(丸善丸の内店:3週間)
絵本と違って、モノクロの小さな挿絵が細々入った額もあります。
うんと近くで見ていただけたら嬉しいなと思います。詳細はこちら

てことで、たくさん選んだのでどれを選んだかわからなくなりましたが(。.。)
確かこれ↓は選んだはず。

女流画家展

| 2014年1月17日金曜日
秋田のギャラリー杉で、16日から2月4日(火)まで女流画家展を開催中です。
私は、MOREの星占いで掲載された絵を展示いただいてます。
ピンポイントの時同じとはいえ、大きいのは以下のDMのもののみ。小さいサイズも点数が少なくなってますが、他の様々の作家さんの作品もあるので、楽しいと思います♪
詳細はこちらから

DMはこれ↓自分でデータ調整したのに、色が全然違っててショック(>_<)

はりねずみのルーチカ原画展

| 2014年1月10日金曜日
2月1日(土)から3週間、丸善丸の内店(東京駅から3分ほど)で「はりねずみのルーチカ」原画展をすることになりました。
ルーチカの1巻、2巻の表紙と、挿絵を20数点程度、展示予定です。

たとえばこれ↓ルーチカたちが妄想するサンタさんの様子

マッチ売りの少女

| 2014年1月6日月曜日
私は不器用なのでひとつの仕事に集中してると視野が狭くなって、出来上がると「あれれ??(汗」ってことになり、描き直すことがよくあります。

一方仕事を同時進行すると、客観的になって修正点が見えたり、油絵を重ね塗りするので、乾かす時間に別の仕事を挟んだりと、かえって効率が良いのでした。

↓「女の子が夢中になるお話」のラフ、
私はマッチ売りの少女
(このタイトル、マッチ箱のカーニャと被る(-_-;) 打ち間違うこと数回)

新年明けましておめでとうございます。

| 2014年1月1日水曜日
今年もどうぞ
よろしくお願いいたします
みなさまにとって実り多き一年となりますように

今は、6月出版に向け「はりねずみのルーチカ」3巻の挿絵を描いています。1月末〆切の「女の子が夢中になるお話」(PHP研究所)挿絵と、同時進行中。

お話が終わり、最後のページのざっくりしたラフ↓
 仕上がったらまたアップしてみます。