かさこそ森の気どりやキツネ

| 2012年11月3日土曜日
幼年童話「かさこそ森の気どりやキツネ」(有島なさ作:ポプラ社刊)に絵を描かせていただきました。
第4回森林のまち童話大賞・大賞受賞作で、有島なささんにとって、処女作です。

引っ越すことになった主人公が、気どりやキツネにいざなわれ、ふるさとの風を届けてくれるクヌギの実を拾いにいく・・・・

不思議な森の情景が神秘的で美しく、気どりやキツネさんがなんとも愛らしいのです。
読みながら心がふんわり温かく、優しい気持ちになりました。

私も気どりやキツネさんに会ってみたいなあ・・・